2011年10月31日月曜日

halloween 2011


2011年10月30日日曜日

copy public key

sshの公開鍵をリモートホストに配るスクリプト https://github.com/psychobilly/script/blob/master/key-copy

2011年10月26日水曜日

ユーザに unlimit -n を設定

上限設定
$ sudo su
$ cat <<EOF >> /etc/security/limits.conf
* hard  nofile 8192
* soft  nofile 8192
EOF
これだけでは反映されない様なので、/etc/pam.d/suも弄る。 suファイルのコメントには、
# Sets up user limits, please uncomment and read /etc/security/limits.conf
# to enable this functionality.  
とあるので、コメントを外す
$ cp -ip /etc/pam.d/su{,.org}
$ diff /etc/pam.d/{su.org,su}
53c53
< # session    required   pam_limits.so
---
> session    required   pam_limits.so

NICのspeedを知る

ethtoolを使えば簡単
$ sudo ethtool <if> | grep -i spped:
        Speed: 1000Mb/s

ganglia install

サーバの統計情報をグラフ化するといえばrrdtool。
rrdtoolは便利なのだけど監視するサーバ台数が多くなるとツールが欲しくなる。
そこでcactiが多機能で良さげなのだけど、設定項目が多くUIがいまいち不親切だったり。
そんな中、gangliaなるものを知り試してみた。
設定も簡単で且つWeb UIもサクサク動く。
これは良い。
そんなgangliaの構成はserver client型なので監視対象にはagentを入れる必要があるがそれも楽勝。

debianのstableパッケージは若干バージョンが旧いので、この辺を参考に /etc/apt/sources.list.d/testing.list を作成する。
deb http://ftp.de.debian.org/debian/ testing main non-free contrib
deb-src http://ftp.de.debian.org/debian/ testing main non-free contrib

deb http://security.debian.org/ testing/updates main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org/ testing/updates main contrib non-free

先ずは server(gmetad) と web UI を install
$ slogin ganglia-server
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install gmetad ganglia-webfrontend

お次はclient に agent(gmond) を install
$ slogin ganglia-client
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ganglia-monitor

2011年10月21日金曜日

openshiftはじめる

openshiftの使い方がいまいち良く分からないので不明なところを一つ一つ潰していく。

webから登録したdomain,applicationをどうやってcheckoutするか?

ユーザ情報を確認する
$OSP
$ rhc-user-info -l email -p password
OK

環境をチェックする
$ rhc-chk -l email -p password
OK

working directory作成
repositoryの確認
$ git clone ssh:@-.rhcloud.com/~/git/.git/ 
NG

checkout方法が不明

2011年10月19日水曜日

gnu screen

真面目にscreenを使おうことにした。
先ずは縦割りが可能なパッチを充てたバージョンをコンパイルする。

$ git clone git://git.savannah.gnu.org/screen.git
$ cd screen/src
$ curl http://vsp4sdl.yuggoth.org/wrp_vertical_split_0.3_4.0.2.diff.bz2 | bzip2 -cd - | patch -p1
# ↑不要
$ sh autogen.sh
$ CFLAGS="-O3 -mtune=native -m64 -msse -msse2 -msse3 -fstrict-overflow -fopenmp" ./configure --prefix=/opt/local
$ make
$ sudo make install

縦割コマンド
Ctrl-A + |

2011年10月14日金曜日

google web fonts on firefox7.0.1

本日急にfirefoxでgoogle web fontsが利用できなくなった。
cssが取れなくなったのではなく、カスタムフォントが表示されなくなっている。
safariやchromeでは問題なく表示されている。

原因不明。
調査中。

twittering-mode

install


$ cd ~/.emacs.d/site-lisp
$ git clone git://github.com/hayamiz/twittering-mode.git
$ cat <> ~/.emacs.d/init.el
(require 'twittering-mode)
EOF

git url

work directoryでrepositoryのurlを知る方法

$ git remote -v show
origin url:path.git (fetch)
origin url:path.git (push)

2011年10月10日月曜日

js2-mode

install


$ cd .emacs.d/site-lisp/
$ curl -O http://js2-mode.googlecode.com/files/js2-20090723b.el
$ cat <<EOF >> ~/.emacs.d/init.el
(autoload 'js2-mode "js2" nil t)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.js$" . js2-mode))
EOF

詳細

http://code.google.com/p/js2-mode/wiki/InstallationInstructions

dotcloud

push

$ dotcloud push cramps(app_name)

blog引越し

hatena diaryからbloggerに引越し