2011年10月26日水曜日

ganglia install

サーバの統計情報をグラフ化するといえばrrdtool。
rrdtoolは便利なのだけど監視するサーバ台数が多くなるとツールが欲しくなる。
そこでcactiが多機能で良さげなのだけど、設定項目が多くUIがいまいち不親切だったり。
そんな中、gangliaなるものを知り試してみた。
設定も簡単で且つWeb UIもサクサク動く。
これは良い。
そんなgangliaの構成はserver client型なので監視対象にはagentを入れる必要があるがそれも楽勝。

debianのstableパッケージは若干バージョンが旧いので、この辺を参考に /etc/apt/sources.list.d/testing.list を作成する。
deb http://ftp.de.debian.org/debian/ testing main non-free contrib
deb-src http://ftp.de.debian.org/debian/ testing main non-free contrib

deb http://security.debian.org/ testing/updates main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org/ testing/updates main contrib non-free

先ずは server(gmetad) と web UI を install
$ slogin ganglia-server
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install gmetad ganglia-webfrontend

お次はclient に agent(gmond) を install
$ slogin ganglia-client
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ganglia-monitor

0 件のコメント:

コメントを投稿