2011年11月29日火曜日

gtagsを使う

nginxのソースコードを追うことにしたので、netbeansを使うよりemacsの方が手に馴染んでいるので、
gnu-globalを使って見ることにした。

install

$ sudo apt-get install global
$ cat <<EOF >> ~/.emacs.d/init.el
;; 関数定義に飛ぶ (gtags)
(autoload 'gtags-mode "gtags" "" t)
(setq c-mode-hook
      '(lambda ()
         (gtags-mode 1)
         ))
(when (locate-library "gtags")
  (require 'gtags)
)
(global-set-key "\M-t" 'gtags-find-tag)     ;関数の定義元へ
(global-set-key "\M-r" 'gtags-find-rtag)    ;関数の参照先へ
(global-set-key "\M-s" 'gtags-find-symbol)  ;変数の定義元/参照先へ
(global-set-key "\M-p" 'gtags-find-pattern)
(global-set-key "\M-f" 'gtags-find-file)    ;ファイルにジャンプ
(global-set-key [?\C-,] 'gtags-pop-stack)   ;前のバッファに戻る
EOF
$ cd ~/src/
$ gtags

0 件のコメント:

コメントを投稿