2012年8月20日月曜日

linuxのmemory cachedを開放する

sysctl -w vm.drop_caches=3

数値の意味は、
1 = ページキャッシュ解放
2 = ダーティキャッシュ、inode解放
3 = ページキャッシュとダーティキャッシュ、inode解放

2012年8月5日日曜日

ntpdate設定

centosで時刻同期
sudo yum install ntpdate
cat <<EOF >> /etc/ntp/step-tickers
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp
EOF
sudo /etc/init.d/ntpdate start
sudo chkconfig ntpdate on

iptablesで80と443を許可する

centosはデフォルトでは80,443はiptablesで弾く(設定されてない)ので設定を入れる /etc/sysconfig/iptables の編集
-A INPUT -p tcp -m state --state NEW --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m state --state NEW --dport 443 -j ACCEPT
iptables再起動
sudo /etc/init.d/iptables restart