2012年9月26日水曜日

debian6にsnmpdをインストール

debian5とdebian6ではsnmpdのパッケージの構成が変わりすんなりと移行がで
きない。
snmpwalkすると以下のエラーが大量に出る

Cannot adopt OID in ...

mibファイルが足りないようで snmp-mibs-downloader をインストールしたら
解決した。

まとめ
sudo apt-get install -y snmp snmpd snmp-mibs-downloader


test



--
My Emacs Files At GitHub

2012年9月11日火曜日

aws ec2インスタンスをリモートから再起動

ec2のインスタンスがcpu100%で張り付くことが多くなってきた。
構成見直すべきなのだけど繋がらなくなったら仕事中でもcliで再起動が出来ると良いなと思い調べた。
手順はこんな感じ

ツールのインストール

$ curl -O http://s3.amazonaws.com/ec2-downloads/ec2-api-tools.zip && unzip ec2-downloads/ec2-api-tools.zip
$ ln -s ec2-api-tools-1.5.6.1 ~/ec2-api-tools

setup

$ mkdir ~/.ec2
# 鍵と証明書をコピー
$ cp pk-xxx.pem cert-xxx.pem ~/.ec2/
$ chmod go-rwx ~/.ec2/*.pem
$ cat <<EOF >> ~/.bachrc
# AWS EC2
export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-1.6.0-openjdk
export EC2_PRIVATE_KEY=~/.ec2/pk-xxx.pem
export EC2_CERT=~/.ec2/cert-xxx.pem
export EC2_HOME=~/ec2-api-tools
# エンドポイントをTokyo リージョンにしておく
export EC2_URL=https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com

export PATH=$EC2_HOME/bin:$PATH
EOF
$ . ~/.bachrc

region一覧を表示

$ ec2-describe-regions
REGION  eu-west-1       ec2.eu-west-1.amazonaws.com
REGION  sa-east-1       ec2.sa-east-1.amazonaws.com
REGION  us-east-1       ec2.us-east-1.amazonaws.com
REGION  ap-northeast-1  ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com
REGION  us-west-2       ec2.us-west-2.amazonaws.com
REGION  us-west-1       ec2.us-west-1.amazonaws.com
REGION  ap-southeast-1  ec2.ap-southeast-1.amazonaws.com

インスタンス一覧表示

$ ec2-describe-instances
...

インスタンス再起動

$ ec2-reboot-instances -v インスタンス名
...
REQUEST ID      xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxxxx

状態確認

$ ec2-describe-instance-status インスタンス名
INSTANCE       インスタンス名      ap-northeast-1b running 16      ok      ok      active  
SYSTEMSTATUS    reachability    passed  
INSTANCESTATUS  reachability    passed  


ruby framework

rubyのframework、何が一番使い勝手が良いのか色々と手を出してみた。
使ったことがあるのはrailsのみだったので、projectの雛形自動生成ができたりする機能は欲しいのだけど、railsほど大きくなくて良い。
sinatra単体だと小さすぎる。

良いのがあった、padrino
sinatraベースなのだけど、雛形生成ツールがあったりrailsのみしか触ったこと無い人間には取っ付き易い構成になっている。

project作成サンプル

padrino g project hooligans -t shoulda -e haml -c sass -s jquery -d sequel -b -a mysql2

管理画面作成

cd hooligans
padrino g admin
bundle install
padrino rake sq:migrate:auto

起動

padrino start

2012年9月6日木曜日

emacsでwindow-systemとversionを判定する

emacsのwindow systemをバージョンでフォントの設定を変更するlisp 

  • carbon emacs等から起動する場合は window-system に値が入る 
  • iterm上で起動する場合は window-system は nil 

window-systemに入る値はM-x emacs-versionで確認できる サンプル
GNU Emacs 23.3.1 (x86_64-apple-darwin, NS apple-appkit-1038.35) of 2011-03-10 on black.porkrind.org
この場合は ns が window-system にセットされている

 init.elに以下を追加する
(cond
 ((or (eq window-system 'ns) (eq window-system 'mac))
  (when (>= emacs-major-version 23)
    (set-face-attribute 'default nil
   :family "monaco"
   :height 140)
    (set-fontset-font
     (frame-parameter nil 'font)
     'japanese-jisx0208
     '("Hiragino Maru Gothic Pro" . "iso10646-1"))
    (set-fontset-font
     (frame-parameter nil 'font)
     'japanese-jisx0212
     '("Hiragino Maru Gothic Pro" . "iso10646-1"))
    (set-fontset-font
     (frame-parameter nil 'font)
     'mule-unicode-0100-24ff
     '("monaco" . "iso10646-1"))
    (setq face-font-rescale-alist
   '(("^-apple-hiragino.*" . 1.2)
     (".*osaka-bold.*" . 1.2)
     (".*osaka-medium.*" . 1.2)
     (".*courier-bold-.*-mac-roman" . 1.0)
     (".*monaco cy-bold-.*-mac-cyrillic" . 0.9)
     (".*monaco-bold-.*-mac-roman" . 0.9)
     ("-cdac$" . 1.3)
     )))))