2013年10月21日月曜日

aptサーバ構築::repreproのインストール(未完成)

プライベートaptサーバ構築手順

参照

http://davehall.com.au/blog/dave/2010/02/06/howto-setup-private-package-repository-reprepro-nginx

パッケージインストール

sudo apt-get install reprepro nginx 

ディレクトリ作成

sudo mkdir -p /srv/reprepro/{debian,ubuntu}/{conf,dists,incoming,indices,logs,pool,project,tmp}
sudo chown -R $USER /srv/reprepro/{debian,ubuntu}

gpg鍵生成

while : ; do echo xxx | mail $USER ; sleep 0.1 ; done

gpg --gen-key
...+++++
gpg: /home/$USER/.gnupg/trustdb.gpg: 信用データベースができました
gpg: 鍵E77D0B99を絶対的に信用するよう記録しました
公開鍵と秘密鍵を作成し、署名しました。

gpg: 信用データベースの検査
gpg: 最小の「ある程度の信用」3、最小の「全面的信用」1、PGP信用モデル
gpg: 深さ: 0  有効性:   1  署名:   0  信用: 0-, 0q, 0n, 0m, 0f, 1u
pub   2048R/E77D0B99 2013-09-20
                 指紋 = 6DE6 56D6 D208 F0EF 5FDD  B3A5 EB97 6907 E77D 0B99
uid                  $USER
sub   2048R/A7DFF5BF 2013-09-20

confファイル設定

cat /srv/reprepro/debian/conf/distributions
Origin: psychobilly
Label: psychobilly
Codename: squeeze
Architectures: i386 amd64 source
Components: main
Description: local repository
SignWith: E77D0B99 # 上で生成したgpgkey

cat /srv/reprepro/debian/conf/options
ask-passphrase
basedir .

リポジトリ準備/サンプルパッケージ登録

reprepro -Vb /srv/reprepro/debian export
reprepro -vb /srv/reprepro/debian includedeb squeeze sample-package.deb

loalhostでの設定

gpg -a --export E77D0B99 | sudo apt-key add -

remotehostでの設定

wget -O - http://remotehost/debian/signing.key | sudo apt-key add -

0 件のコメント:

コメントを投稿