2014年6月16日月曜日

関東ITソフトウェア健康保険組合は融通効きません

関東ITソフトウェア健康保険組合様より以下の書類が届いた。

振込の締め切りを月末と勘違いしていて振込期日を過ぎていたため。
このくらいで直ぐに取り消されることは無いだろうと電話してみると、
「法的に期日までに振り込みいただかなかった場合は資格喪失で復活はできない」
「例外的に復活することは出来ない」
「任意なので振込が遅れても督促は出さない、ご本人の責任」
と一歩も引かずに例外措置を取ってはくれない。
こちら に書いてあることは関東ITソフトウェア健康保険組合様には通用しませんでした。

振込遅れたのは自分の責任だけど融通効かないんだねー
退職して継続する人は振込は月末でなく毎月10日なのでお気をつけて。
はぁー、国保高すぎる。

[追記]
会社員だと保険料の半額を会社が負担しているってのを初めて知った。
国保と社会保険の違いの一つが保険料の計算方法らしいのだけど、国保の場合は前年の収入から係数をかけた(毎年この係数は変わるらしい)金額なのに対して社会保険は当月の収入を元に計算するとのこと。
転職などで給与が下がった場合は即座に保険料が安くなるのはありがたい。
また、社会保険が国保に比べて安い理由の一つに該当保険組合の年齢層ってのもあるらしい。国保はどうしても年齢高い人が多くなるのでその分保険料が高くなるのだとか。
外国人に生活保護をばらまく前に、先ず日本人の暮らしを豊かにして頂きたいものだ。

2014年6月9日月曜日

the larks

誰でも知ってる有名なThe LarksのMaggieはこんな時代背景の中生まれた曲だったのを初めて知った。
http://newsfeed.time.com/2013/04/08/five-protest-songs-about-margaret-thatcher/slide/the-larks-maggie-maggie-maggie-out-out-out/
この曲は数万数千人の労働者の解雇につながったの全国石炭ピットの閉鎖に抗議している、1984から5の石炭鉱夫のストライキの間に人気があった。

2014年3月12日水曜日

ebayで落札した商品が破損して到着#4

申し立てから5日ほどで無事返金処理が完了した。



商品代金と送料が無事に戻ってくることに。

ただ、この許可ってのが必要なのかが不明。


 Please allow 48 hours for the refund to process.

要確認。
paypalを見ると返金されてはいる。



2014年3月5日水曜日

ebayで落札した商品が破損して到着#3

丁度2ちゃんで同じような話題が上がっていた。

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1390679453/458



http://anago.2ch.net/test/read.cgi/yahoo/1390679453/468


ebayで落札した商品が破損して到着#2

セラーから返信が来た。


Please return it for refund. Please return it to ...

送り返せとか言ってきて面倒なのでebayのバイヤープロテクションで解決にもっていくことにした。

Resolution Centerで問題を起票
http://resolutioncenter.ebay.com/



悩んだけど、破損してない画像と異なっていたのでこれを選択し次へ。
次の画面では"crashed in shipping"の様な選択項目がありそれを選択して必要な事項を記入してsubmit




起票されたので対応を待つことにする。

2014年3月4日火曜日

ebayで落札した商品が破損して到着#1

ebayでオートバイのエンジン部品を落札して到着を楽しみにして待っていた。
本日fedexの代理の西武運輸が配達にやってきた。

受取と同時に封を切り確認して愕然。
破損してる、出品写真では折れてなかったフィンが折れている。しかも2箇所。

これは明らかに運送中の事故であろうと、fedex(日本国内は西武運輸)に「破損してるんですがー」って電話したらebayで落札したものはebayの保証制度を使って下さい。
配達に来た態度の悪い西武運輸がやってたとしてもうちは知らねーっすよーという回答で呆れた。
fedex糞過ぎる。

eBayバイヤープロテクションなるものを使うと問答無用で返金請求できるってのを見たのだけど、これはセラーの問題でなくfedexの問題なのは明白なので一旦セラーにメールをしてみることにした。

質問メールのサンプルを探し、画像を添付して以下の様に文面でメールしてみた。


Subject: Questions about "商品名"

Dear セラーID,

Hello. I received the item today (商品名).
However, the item was broken when I received it.

Please see the attached photos.

Please advise what I need to do in order to get either refund or receive replacement item.

Thanks,
氏名

2014年1月29日水曜日

cookpadのレシピをオブジェクト化する

cookpadのレシピ情報が欲しくなったが、cookpadはapiを公開してないのでhtmlをパースして情報を取得することにした。
htmlの構成が変わったらアウトだけどrubyのnokogiriが意外と簡単で以下の様なクラスを作って対応。

cookpad class

#!/usr/bin/env ruby
# -*- mode:ruby; coding:utf-8 -*-
require 'open-uri'
require 'nokogiri'

class Cookpad
  def initialize(options={})
  end

  def get_recipe(uri)
    r = {}
    doc = Nokogiri::HTML(open('http://cookpad.com' << uri))
    r[:title] = doc.xpath('//*[@id="recipe-title"]/h1/text()').shift.content.strip
    r[:image] = doc.xpath('//*[@id="main-photo"]/img').shift.attributes['src'].value
    r[:summary] = doc.xpath('//*[@id="description"]/text()').shift.content.strip
    r[:servings_for] = doc.xpath('//*[@id="ingredients"]/div[1]/h3/div[1]/span[2]').shift.children.shift.content.strip.gsub(%r![()()]!, '')
    r[:ingredients_list] = []
    doc.xpath('//*[@id="ingredients_list"]').children.each do |ingredient|
      next if ingredient.xpath('div[1]/span').empty?
      r[:ingredients_list] << {:name => ingredient.xpath('div[1]/span').children.shift.content, :quantity => ingredient.xpath('div[2]').children.shift.content}
    end
    r[:steps] = []
    doc.xpath('//*[@id="steps"]').children.each do |step|
      next if step.xpath('dl/dt/h3').empty?
      r[:steps] << {:step => step.xpath('dl/dt/h3').children.shift.content.strip, :instruction => step.xpath('dl/dd/p').children.shift.content.strip}
    end
    r
  end
end

if __FILE__ == $0
  require 'pp'
  cookpad = Cookpad.new
  pp cookpad.get_recipe('/recipe/1012764')
end

実行結果

{:title=>"簡単・濃厚・ぶり大根",
 :image=>
  "http://img.cpcdn.com/recipes/1012764/280/15ecbb2f22d6e0ab7aa374abc9df9a7f.jpg?u=1845293&p=1348990478",
 :summary=>"話題入&H26/1/29ピックアップ掲載大感謝です✿静岡県伊豆の金目鯛姿煮を参考にした濃厚味の簡単ぶり大根です✿",
 :servings_for=>"2人分",
 :ingredients_list=>
  [{:name=>"ブリ切り身", :quantity=>"2切れ"},
   {:name=>"大根", :quantity=>"5cm(好みの量で)"},
   {:name=>"しいたけ(なくてもよいです)", :quantity=>"2こ"},
   {:name=>"生姜(スライスしておく)", :quantity=>"3cm(好みの量で)"},
   {:name=>"醤油", :quantity=>"大さじ4"},
   {:name=>"砂糖", :quantity=>"30~40g(大さじ3~4)"},
   {:name=>"日本酒", :quantity=>"100cc"},
   {:name=>"水", :quantity=>"150cc"},
   {:name=>"飾り用の柚子・生姜の千切り", :quantity=>"適量"},
   {:name=>"塩(ブリの下処理用)", :quantity=>"適量"}],
 :steps=>
  [{:step=>"1", :instruction=>"ブリの下処理(臭み抜き)をします。ブリ切り身に少々塩をふり、上から熱湯をかけます。"},
   {:step=>"2", :instruction=>"皮をむいた大根を1cm程の厚さに短冊切り(いちょう切り)にします。"},
   {:step=>"3",
    :instruction=>"煮る時間短縮の為、大根を電子レンジ(500w)で1分加熱します。この工程はなくてもOKです。"},
   {:step=>"4", :instruction=>"鍋に醤油&砂糖&日本酒&水を入れて混ぜます。"},
   {:step=>"5", :instruction=>"4の鍋に1のブリ&3の大根&しいたけ&生姜を入れ、落し蓋をして煮ます(最初は中火→弱火)。"},
   {:step=>"6", :instruction=>"煮汁が少なくなってくるまで煮たら完成です。飾りで柚子や生姜の千切りを添えてください。"},
   {:step=>"7", :instruction=>"H22年10月26日に話題入り致しました!本当にありがとうございます✿"},
   {:step=>"8",
    :instruction=>"H24年9月29日に二度目の話題入り(100人つくれぽ)致しました!本当にありがとうございます!!"},
   {:step=>"9", :instruction=>"H24年9月30日、写真を更新致しました。"},
   {:step=>"10", :instruction=>"H25年2月15日、200人つくれぽを頂きました✿皆様、本当にありがとうございます!!"},
   {:step=>"11",
    :instruction=>"H26年1月29日「本日のピックアップレシピ」に掲載されました!皆様、本当にありがとうございます✿"}]}

2014年1月18日土曜日

jqueryでリンク切れの画像を消す

画像リンクを貼っていて何かのタイミングで元の画像が消されると見た目が残念なことになる。


jqueryでimgタグのsrcを1x1の透過gifに変更するものを準備しておく
function imageOnError(img) {
    $(img).attr('src', 'http://cadillac.psychobil.ly/b');
    return true;
}

imgタグにはエラーの時の挙動を予め仕込んでおく。
<img onerror="return imageOnError(this);" src="xxx" />

これで仮にリンク先の画像が消されても残念な画像が出ずに済みます。

2014年1月2日木曜日

mediawikiに2ちゃんのまとめを自動投稿してみた#1

mediawikiに2ちゃんのまとめを自動投稿してみた。

mediawikiの設定

LocalSettings.phpにhtmlタグがそのまま使えるように設定を入れておく
$wgRawHtml = true;

rubyでmediawikiへ投稿する

#!/usr/bin/env ruby

require 'media_wiki'

mw = MediaWiki::Gateway.new("http://matome.t15.org/api.php")
mw.login('username', 'password')
title = 'タイトル'
contents = 'コンテンツ'
mw.create(title, contents, :summary => title)